なぜ自分が決めた損切を、根拠を、怖くなって後で変えてしまうのか?

損切、というのはある意味トレードをする上で最も重要なルールだとも言えます。損切のルールが明確でないと、ちょっとレートが上がった(下がった)だけで利確してしまったり、しっかり決めたルールを守っていれば持ち直してプラスになって利益が出ていたものを、みすみす見逃してしまうからです。

トレードは全く悪くなかったポンドドルのショートエントリー

短期・中期・長期とも下げてきており、下げトレンドラインも形成されています。安値が抵抗線によって支えられてはいるものの、これを突破すれば大した抵抗線もありません。

レートも短期の下に位置しています。4時間足の画像はありませんが、日足も下向きでレートも下にあり、4時間足でも下げの要素が強い状態でした。

抵抗線を突破して、リターンムーブ狙いでエントリー

カーキ色の斜めのラインがトレンドラインで、黄色のラインが損切、ライムのラインがエントリーです。ライムのラインの上に赤のラインがあり、レジサポラインとして機能していました。レートが一旦これを突破して、戻ってきたところ反発して下げたタイミングでエントリーしました。

本当は1時間足まで接近するのを待とうかと思いましたが、若干上げ止まって下がる傾向があったので、状況を見ながらそのままエントリーしました。

最初に決めた損切までなぜ待てなかったのか?

最初の損切ラインを黄色のラインに決めたのは、直近の高値だったという事とトレンドラインの2点目だった事です。これ以上は買われないだろう、と判断して決定しました。その後レートは多少上下しながら順調に下降して、ある一定ラインで止まって上下動を繰り返しました。

ここまでは特に問題なく、最初の損切まで待とうという考え方だったんですが、突如レートが跳ね上がってきました。おかしい!と思い確認しても買われる要素はありません。抵抗線?と判断して始値あたりに目星をつけて過去にさかのぼってみると、何度か跳ね返されている高値を発見しました。

一旦急上昇したレートは損切ライン付近までいきましたが、上げ止まり、下降しました。ここからです。僕の心境に変化が現れたのは。損切の条件を緩和して薄利でも利確しようとしたんです。そもそもエントリーには十分な根拠があったはず。なぜ不安になったんでしょうか?

レートがトレンドラインを越えてきたこともありますし、短期のMAが横ばいになったことも理由のひとです。でも、その2つは後付けで、その時思いついたものです。エントリーする時に、こうなったら損切条件を変更して薄利でも利確しよう、なんて考えていませんでした。

たいていこういう時は結果は悪く働きます。もちろん、薄利でも利確できたのでマイナスではないんですけど、上昇する前の段階よりも倍近く、50pipsくらい下げています。これが、プラスの条件で損切りを切り上げるなら問題ないでしょう。

例えばMAがエントリーラインを越えて(割って)上がって(下がって)きて損益分岐点に達したとか、高値・安値を更新したので直近の値に変更した、とかですね。それならば、想定していた内容なので問題ないんです。

でも、今回はただ怖かっただけ、自分に自信がないせいで、気弱になって薄利で利確してしまった。

最初に決めた損切ラインは、もうこれ以上上げないだろう、と根拠に基づいて設定したもの、切り上げ以外に変更すべきではありません。結局、その後レートはしばらくMAの上にありましたが、やがて下に位置し、下降しています。

損切設定は、この条件で損切りになったら、それはそういう相場だった、たまにはあるさ、と納得できるポイントでなければなりません。もしかすると、設定した条件の中で、自分に不安要素が残っていたのかもしれません。そう何度も自分の思い通りになる相場はありません。だからこそ、こういった時に気持ちで負けて(根拠を信頼できずに)しまったことが悔やまれます。

広告