意識するのは”ダウ”

2019年2月14日

その後、様子を見て高値・安値を切り下げて下げダウを構築したので

 

2本めの抵抗線を下抜けしたあと再エントリーしました。

【結果】

その後、上昇→下降→上昇→下降していき、下降ダウを継続しながら、15分MAにタッチした時点で決済しました。

結局エントリーポイントは5pips程度違いましたが、上昇幅も想定の範囲内でしたし、確信?を持ってエントリーしたのでキレイに高安値を切り下げながら利確となりました。(最初から待っておけばよかったという結論)

本来なら1時間足エントリーでやりたかったのですが、寝るために決済しました。勢いのあるトレードならもっと短時間で利幅も大きかったんでしょうが、1時間足・4時間足とも、下げていても勢いは緩やかだったので、仕方ないと思います。

結果の検証を次のトレードに活かします^^

広告