マイナー通貨?(失礼な!)NZD円でレジサポラインブレイク

2019年2月11日

NZD円15分足

前日のトレードで薄利(?)ながらも利確できたので、旨味を感じてチャートをみていたらいい感じになったのでエントリーしました。

レジサポラインブレイクでのエントリー

基本的に移動平均線をベースにトレードしているので、水平線(抵抗線・トレンドライン)というのはあまり意識していなかったんですが、ココ最近かなり重要だというのを知って(遅い!基本中の基本!w)、というのもダウ理論に基づいて安値を切り上げた状態(高値切り下げ)での高値ブレイク(安値ブレイク)。しかもMAの近くなので反転の可能性もない。

前回の高値抵抗線を突破してたのでエントリーしました。直近の安値を損切りに設定しました。順調に伸びていき、ボリンジャーバンドの反対側も広がっていって、勢いのある流れになりました。どんな状況になっても、下がったら損切でやめようと考えていたので気分的には楽でした。

①でボリンジャーバンドの反対側が閉じてきましたが、1時間足を見ると

NZD円1時間足

②の部分でバンドの広がりを確認できたので、1時間足まで勢いが続いていると判断しました。

NZD円5分足

5分足のチャートで下降した後の2回目の上昇があったものの、抵抗線に阻まれて、バンドが開くも15分足の④の部分ではバンドの開きが見られなかったため、勢いの収束の前兆との判断と、1時間足の②の横の小さな赤丸のポイントで、反対側のバンドが閉じる前兆として横ばいになったので決済しました。

久々にいい感じのトレードですね。こういうトレードが当たり前のようにできればいいんですけど、なかなかうまくいかないもんですw

広告