2022年の「Apple Car」提携は、2025年発売向けの布石なのか?

applecar

アップルが本格的に電気自動車参入のステップを踏んでいるようです。

投資銀行のWedbushによると、Appleは2025年に「Apple Car」をリリースするための土台作りとして、2022年に戦略的な電気自動車のパートナーシップを発表する可能性が高いという。

AppleInsiderが入手した投資家向けのメモの中で、Wedbushの主席アナリストであるダニエル・アイブスは、Appleが自律走行車の開発を加速しているという最近の報道について、いくつかの見解を述べています。アイブズ氏は、この報道は “我々の考えと非常に一致している “と述べています。

アナリストによると、Wedbushは引き続き、Appleが自動運転車をリリースするかどうかではなく、いつリリースするかが問題であると考えているようです。アイブズ氏は、自動車市場への参入により、Appleの成長ストーリーに1株あたり30ドルのアドレサブルマーケットが加わる可能性があると付け加えています。

タイムラインでは、アップルが2025年までに独自のスタンドアローン車両を発表する可能性は60%から65%であるとアイブズは考えています。

「この7年間、Appleの自動車関連の野望には多くの紆余曲折がありました」とアイブズ氏は書いています。「クパチーノのホールで知られていたプロジェクト・タイタンは、数年前の最初の立ち上げから最終的に大幅に縮小され、今では2025年のApple Carの発表を議論するレーダースクリーン上で再び最前線に立っているように見えます」。

このアナリストは、Appleが2022年に何らかの戦略的なEVパートナーシップを発表すると考えています。なぜなら、そのようなコラボレーションは、クパチーノの巨大企業にとって「最初のステップ」になるからです。

アイブズは、「Appleは、このような巨大な試みに伴う戦略的製品リスクに加えて、利益率や財務モデルへの影響を考慮すると、自社で自動車や工場の製造を開始するよりも、EVの道でパートナーとなることを望んでいます」と書いています。

アイブズは、アップルの目標株価185ドルを維持しています。これは、アナリストによる2022年の予想に対する総体的な評価に基づいています。これには、1.3兆ドルのサービスに対する16倍の倍率と、2.1兆ドルのアップルのハードウェア事業に対する7倍の倍率が含まれています。

電気自動車はTESLAの独壇場?かと思っていましたが、GMにしろアップルにしろ、頑張っていますね!というかアップルはどう見てもIT系企業ですけどね。そんな事いったらパナソニックホームだって電化製品の会社が住宅ですからね。

広告