アマゾン、Tableau社CEOのアダム・セリプスキー氏をAWSの責任者に任命

2021年3月25日 (木) 19:40

できる人は、できるところの、しかるべきポジションにおさまるって事ですよね。

アマゾンは12日、利益率の高いクラウド・コンピューティング部門であるアマゾン・ウェブ・サービスの責任者に、Salesforceの幹部であるアダム・セリプスキー氏を任命した。この動きは、ジェフ・ベゾス氏が2月に退任を表明した後、AWSの現在のリーダーであるアンディ・ジャシー氏がアマゾンのCEOに就任するために空席となっているためです。

AWSは、アマゾンの成長戦略の要であり、世界最大のオンライン小売業者として記録的な利益を上げており、数多くの新興企業、大企業、そして多くの政府機関が顧客に名を連ねています。シアトルに本社を置くアマゾンは、2005年にAWSの最初の副社長の一人として採用され、11年間にわたりクラウドコンピューティング部門のセールス、マーケティング、サポートを担当してきたセリプスキー氏が、5月17日にAWSに復帰すると発表しました。

セリプスキー氏は2016年にSalesforceのTableau Software部門の最高経営責任者(CEO)に就任し、彼のリーダーシップのもと、同部門の価値はわずか数年で4倍になったとAmazonは述べています。

 

広告