移動平均線が近づくと教えてくれるインジケーター

FXでトレードをしている時に、エントリーのポイントを探しますよね?いろんなインジケーターが出ていて、サインで知らせてくれるものがたくさんあります。そこで今回紹介するのは移動平均線を使ったインジケーターです。こちらからダウンロードできます。

最も古く、最も認知度が高く、最も使われているのが移動平均線

移動平均線はMoving Average(MA)と呼ばれていて、一定期間のレートの終値(他に設定できます)の平均を線で結んだもので、一般的にレートがこの移動平均線より上にあれば、その期間の平均より上なのでロングポジション、その逆に下にレートがあればショートポジションに優位性があると言われています。

移動平均線は平均を線で結んだものですから、レートはその移動平均線から離れたり近づいたりを繰り返しながら上下動します。移動平均線に近づけば反発するというグランビルの法則に基づいて、多くの投資家たちがそのタイミングに注目しています。

すなわち、レートは平均値に近づき、反発する、とするならば、複数の移動平均線が接近すれば(5分・15分・1時間)、それだけ注目するトレーダーが増え、買い・売りどちらにしてもレートが大きく動くタイミングの可能性が高いんです。

そのタイミングを教えてくれるインジケーターです。エントリーのポイントを教えてくれるインジケーターではないので、サインがでたら即ポジションという訳ではありません。

その前後の相場の環境認識が必要になりますが、少なくともレートが動くきっかけになるので探す手間が省けます。2種類のMAの接近を教えてくれるものもありますし、中期を決めて短期と中期、中期と長期の2つを教えてくれるものの2種類のインジケーターがあります。

設定は簡単なので使ってみてください。複数の通貨ペアが簡単に監視できるので楽です。

「移動平均線 接近 アラート インジケーター」

で検索すれば紹介しているサイトへ飛びます。

広告