待つのはじれったいが、保ち合い相場はスルーする

2019年2月11日

ポンドル4時間足

上位足の動きに逆行する下位足は要注意

ようするに保ち合い?のの一種の三角持ち合いですね・・・。昨日はポンドルをメインに見てたんですけど、動きませんでしたね;;もちあい?って読むんですか?レンジ相場っていうんですか?小さく上下動してじれったく感じましたw

急上昇した後の急降下で落ち着いて来た後、再度上昇に転じたか?という感じです。高値・安値も切り上げていますし、このままなら上昇トレンドだと感じました。MAは接近しつつあるので、短期(赤)を越したら買いかな?と考えました。

下位足の1時間足は上か?下か?

1時間足

こちらは日足(黄)・4時間足(青)と上昇していて、4時間足の高値と安値の切り上げが見える状態で、小さく安値を切り下げてはいますけど、日足と4時間足に引っ張られる?感じであがっているようにも見えました。

短期の下降ダウははっきりしてませんし、短期が中長期のMAに挟まれている状態なので、上昇と下降どちらにもいきそうな感じがしました。素直に上げてくれればいいのに;;と思った昨日でした。今日もまだ動いてませんねw

それから、最初の4時間足。トレンドラインの引き方が間違ってたみたいなので訂正します。

【訂正後の4時間足】

訂正後の4時間足

ヒゲを考慮するかしないかは人によって違いがでますが、今回は(基本いつも考慮しています)ヒゲ含みのラインです。①の高値が確定するまでは、その直前の安値を2点めにして引きます。

その後レートが下降して安値が確定したら、高値は決まってませんので、起点を①の安値にして、直近の安値を2点目にして引き直します。この時点では、起点が新しくなってラインの角度が鋭角になっているので、トレンドが継続して強まっているといえます。

②のトレンドライン上にレートが位置しており高値と安値を切り上げながら上昇するとトレンド継続です。ただ、トレンドラインを割ってレートが下降し、高値を切り下げた時点で下げのトレンドラインが新しく発生します。

新しく発生した下げのトレンドラインと、①と②のラインが交差するエリアが三角持ち合いになります。上にも下にも変化する可能性があるので、この時点ではトレードするのは難しいようです。

広告