テスラ、アメリカでビットコインの受け入れを開始

ビットコインで支払い可能って・・・、なんというか、さすがテスラって感じですね。

年初からその可能性が示唆されていましたが、テスラのウェブサイトとCEOのイーロン・マスク氏のツイートによると、テスラは現在、ビットコインでの支払いを受け付けています。その後のツイートでマスク氏は、「テスラに支払われたビットコインは、法定通貨(fiat通貨・普通のお金)に変換されることなく、ビットコインとして保持される」と述べ、同社が内部のオープンソースソフトウェアを使用し、ビットコインノード(ビットコインのネットワークに接続している端末)を直接運用していることに言及しています。さらに、”米国以外の地域では、今年後半にビットコインによる支払いが可能になる予定です。” と付け加えました。

サポートページによると、ビットコインでの支払いは、QRコードをスキャンするか、ビットコインアドレスと正確なビットコイン額をコピーしてウォレットに貼り付けることで、ウォレットから支払うことになります。テスラにとっては正確な金額が1回で送金されることが望ましく、そうでないときは注文がキャンセルされる可能性があります。6時間以内にメールで注文の内容が確認として送信されますので、ページが更新されなくても再送信しようとしないでください。テスラはビットコインしか受け付けず、他の暗号通貨は受け付けません。

テスラは先月、大々的にビットコインに参入し、「投資の多様化と最大化」のために15億ドルの通貨を購入しました。この決定は、ビットコイン価格の変動や、その金額がテスラの現金のかなりの部分を占めていたことから、驚きをもって迎えられました。また、同社は投資家に対して、法定通貨にはない「悪意のある攻撃」や「技術の陳腐化」の可能性についても警告しています。ビットコインの価格は現在55,880ドル(2021年3月24日午前4時16分(米国東部時間)現在)で、テスラは支払った金額を確認していませんが、3万ドルから3万5,000ドルの間だったと思われます。

 

広告